楽しすぎ!自分好みの住宅づくり

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

より素敵なカーテンを

カーテンをかえるだけで部屋のイメージが全く違って来ることがあります。
住宅・住居スペースのイメージを手っ取り早く変えるには、カーテンをかえたり、また家具の配置をかえるのが一番良いでしょう。
物件として日のあたる部屋、南向きの部屋は好まれますが、そのデメリットとしては、日が当たりすぎて夏は暑い、また家具やカーテンが日焼けするというデメリットがあります。
もしオーダーカーテンをするのなら、デザインだけではなく、その機能にも注目してカーテンを選ぶといいでしょう。
当然布にも材質によってさまざなな違いがあり、保温効果抜群とか、遮光効果、逆に風を通すとか、涼しげな感じに仕上がるものもあります。
初めて一人暮らしをするときに、カーテンはどんな感じにするか悩んだことがあるかもしれません。
ただ、日本家屋や一戸建てなら、カーテンが登場する間取りは未だに多い筈ですが、最近ではカーテンの代わりにブラインドに適した縦空きの窓などもありますので、その窓のタイプにあわせて、カーテン、もしくはブラインドを選んでいきましょう。
ただ、オーダーメイド、オーダーカーテンといっても高級品ばかりではなく、かなりリーズナブルな価格で手に入るカーテンもありますので、まずはお気に入りのブランドやインテリアショップのネットショップや実店舗を尋ねてみましょう。
あなたの希望に合わせてぴったりのものを選ぶお手伝いをしてくれます。
またすこしでもインテリアや色のセンスがある人はいいのですが、不得意な人は、カラーコーディネーターさんや、インテリアコーディネーターさんに選んでもらうのもおすすめです。
常日頃からセンスがないと言われている人は専門家に任せてしまったほうが無難だと思います。
カーテンか、もしくはブラインドか、また洋風の窓に使えるような日本的な障子なども場合によってはとても素敵だと思います。
主婦の方のなかには、そうしたインテリアコーディネートが趣味のようになっている人もいらっしゃることでしょう。
より素敵なカーテン、そしてより良い居心地のよい住まいを目指して、インテリア雑誌やネットでの情報を集めてみてはいかがでしょうか。
カーテンといってもその材質はすでに布地だけではなくて、より軽く、機能性に優れたものが多くなっています。
新しい技術力が繊維やテキスタイルの分野にどんどんと活用されています。
あなたの部屋つくりにも、この最先端の技術を利用してみてはいかがでしょうか。
Copyright (C)2017楽しすぎ!自分好みの住宅づくり.All rights reserved.